Skip to content

Seleniumをサポートするツールの紹介

by : 2016/03/02

Seleniumを使ってテストを行う際に役立つツール群を紹介します。これらを使うことでテストコードを書く手間が大幅に軽減されるはずです。

Selenium Builder

Selenium Builder

Selenium IDEと並ぶレコーディングツールです。Firefoxのプラグインとして動作しますが、最新のバージョンでは再生にSelenium Serverを利用するため、IEやChromeでも再生可能になりました。

次に、簡単に操作方法をご紹介します。

操作方法

対象のページを開き、FireFoxのオプションから、開発ツール「Launch Selenium Builder」を選択します。

Selenium Builder 01

記録ボタンをクリックして記録が開始されます。なお、左下より言語を選択できますので、好きな言語を選べます。

Selenium Builder 02

記録しているウィンドウは、タブのバックグラウンドカラーがグリーンに変わっています。

Selenium Builder 03

記録画面ではリアルタイムで、動作が表示されます。記録を終了する場合は、「記録を停止」ボタンをクリックします。

Selenium Builder 04

再生には、Seleniumサーバが必要になりますので、あらかじめSelenium Standalone Serverをダウンロードして、次のコマンドを実行します。

$ java -jar selenium-server-standalone-2.xx.x.jar

メニューの「実行」から「Selenium サーバで実行」を選択します。

Selenium Builder 05

Selenium サーバ設定画面が起動しますので、ホスト:ポートにlocalhost:4444を指定します。また、この例ではブラウザ設定にchromeを指定しています。

Selenium Builder 06

その後、「実行」をクリックするとブラウザが立ち上がり、テストケースが実行されます。Seleniumサーバを起動しなければならないので一手間が多くなっていますが、その分、各ブラウザでのテストが可能となっています。

次のSelenium IDEと比べても遜色ないので好みが分かれるところですが、お互い一長一短があります。テスト管理視点から見ても、両方に対応できるようにしておいた方がよいでしょう。

Selenium IDE

Selenium IDE

Seleniumの初期から存在するレコーディングツールです。こちらもFirefoxのプラグインとして動作します。

操作方法

起動は、メニューにボタンが追加されるので、クリックするだけです。

Selenium IDE

下図で簡単に操作方法を説明します。

  • 記録開始ボタンをクリックすると、レコ-ディングが始まり、もう一度クリックすると終了します。
  • 実行ボタンで、テストケースが実行されます。
  • 実行速度のスライダーでは、実行時に各コマンドの実行タイミングを遅らせたり、進めることができます。

Selenium IDE

操作方法の慣れの問題もあるので一概には言えませんが、Selenium IDEの方が、先出のSeleniumBuilderよりもコマンドの操作がやりやすく感じます。どちらも、非常に優れたツールですので、各ツールの特長を生かしてテストケース作成を行ってみて下さい。

Selenium Generator

Selenium Generator

Webサービスとして公開されている、サポートツールです。
Slenium IDEで作成されたテストケースを元に、データのバリエーション毎のテストケースを生成してくれます。

操作自体は非常に簡単で、テストケースをコピーして、バリエーション対象のデータを設定し、生成されたデータをコピーして、Selenium IDEに貼り付けるだけです。

データを入れ替えるだけのテストであれば、こちらを利用すると、かなり効率よく生成できるでしょう。

Selenium Page Object Generator

page object generator

Page Object modelを生成するChromeの拡張機能です。
表示されたページに対して、各要素に対してオブジェクトを生成し、その操作を行うメソッドなどが生成されます。

出力されたコードを利用して、Seleniumから各オブジェクトをコントロールすることが可能です。出力可能なコードは、Java、C#、Robot Frameworkとなっています。

最後に

Seleniumは、テストツールとして非常に簡易に利用できるのですが、だんだんとコードが増えるにつれ、テストパターンも増えていきます。プロジェクトが進んだり、開発保守が進むと、テストのために、テストコードをメンテナンスするという悪循環も生まれてきます。

その様な時にプラグインなどを利用することで、テストを「楽に」「深く」行うことができるようになります。Seleniumについては、他にも便利なプラグインなどがありますので、また次回以降紹介していきます。

From → テスト

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。