コンテンツへスキップ

インラインでWebAssemblyが使えるinline-wastを試す

by : 2019/04/23

WebAssemblyを使う場合、wasmという拡張子のファイルをサーバ上に配置して、それを読み込むのが一般的です。しかし何もファイルが必ず必要な訳ではありません。

そんな試みで作られているのがinline-wastです。WebAssemblyのテキスト版であるWASTを使ってインラインでWebAssemblyを使えるようにするソフトウェアです。

inline-wastの使い方

コード例です。i32.constなどがWASTにあたるコードです。

 

ここで定義されるwastInstructionsの実行結果として返ってくる関数はWebAssemblyなので高速に処理されるものです。興味深いのは文字列で関数を生成しているので、動的にその内容を変更できるということです。処理が長くなりそうな場合、動的にWebAssembly化することで高速化させられる可能性があります。

WebAssemblyはバイナリとテキスト版があります。テキスト版は慣れれば読めないことはない文字列です。面白い仕組みです。

https://github.com/xtuc/inline-wast

From → Uncategorized

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。