コンテンツへスキップ

GoのWebAssemblyでネットワークを利用する

by : 2019/04/12

Go1.11からサポートされたWebAssemblyにおいて、ネットワークを利用する方法を紹介します。今回はJSONファイルの取得方法です。

注意点

実際のネットワークアクセスはWebブラウザの開発者ツール、ネットワークタブ内で確認できます。ネットワークアクセスを匿名化したり、CORS制限も適用されますので注意してください。

利用法

今回はCORS制限がなく、APIキーも不要なMicrolinkのコンテンツを取得します。 "net/http" パッケージを使ってネットワークアクセスをします。そして ioutil.ReadAll を使ってコンテンツを取得します。これはバイト文字列になっていますので、 string 関数を使って文字列化します。


これまでのWebAssemblyはDOMやFetch APIなどが使えないのが難点でした。しかしGo版のWebAssemblyによって、その問題はなくなっています。 WebAssemblyの可能性を飛躍的に高めてくれるのではないでしょうか。

From → HTML5

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。