Skip to content

オープンソースなCIサーバまとめ

by : 2016/03/24

業務システム開発においてCI(継続的インテグレーション)サーバは欠かせなくなっています。自動テストを行ったり、開発用サーバにデプロイするなどといった手順が自動化できるのが魅力です。

今回はそんなCIサーバの中でもオープンソース・ソフトウェアのものをまとめて紹介します。オープンソース・ソフトウェアの場合、特定のプログラミング言語についてサポートされているものが多いので、自分たちのプロジェクトで使っている言語に合わせて選択するのが良さそうです。

Jenkins CI

最も有名なCIサーバです。Javaで作られていますが任意のプログラミング言語に対して自動テストが可能となっています。

Welcome to Jenkins CI! | Jenkins CI

Integrity

Ruby製のCIサーバです。バージョン管理はGitのみサポートしています。

Integrity | Continuous Integration server

strider

node.js/MongoDBによるCIサーバです。Heroku上にもデプロイして使えるのが魅力となっています。

Strider-CD/strider

PHPCI

PHP用のCIサーバです。PHP特化型とあって、セットアップの手間なくPHPプロジェクトを自動テストできるようになります。

PHPCI – Continuous Integration for PHP Projects

Concrete

node.jsで書かれたCIサーバです。現在開発を引き継いでくれるメンバーを募集しています。

Concrete by ryankee

StyleCI

テストではなくPHPのコーディングスタイルをチェックしてくれるCIサーバです。

Home – StyleCI

CruiseControl.NET

.NET特化型のCIサーバです。意外とクラウド系サービスでは.NET対応は多くありませんので重宝するのではないでしょうか。

CruiseControl.NET

Buildbot

Pythonで作られたCIサーバで、WebKitの開発にも使われているそうです。

Buildbot

Go CD

Go向けのCIサーバですが、サーバはJavaで書かれているようです。

Continuous Delivery Software | Continuous Integration | Go CD


いかがでしょうか。CIサーバはクラウドサービスでも数多く出ていますが、Web業務システムとなると外に出しづらいかと思います。そうした場合はCIサーバを内部で立ててテストを行うのが良いでしょう。

From → まとめ

コメントは停止中です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。