Skip to content
Tags

オブジェクトを後から拡張するMixinを使いこなす

by : 2018/02/06

JavaScriptは柔軟な言語仕様になっているので任意のオブジェクトをPrototypeで拡張できます。hifiveで同じような機能を提供するのがMixinになります。

Mixinを使うことで、継承関係にはないようなオブジェクト同士に同じ機能を追加できるようになります。

Mininの使い方

Mixinは h5.mixin.createMixin を使って作成します。

今回は適当なオブジェクトを作ります。このオブジェクト自体にはメソッドは特にありません。

そしてmixinを実行します。

これでtargetオブジェクトにメソッドが追加されました。


このようにMixinを使うことでオブジェクトの拡張が容易になります。すでにインスタンスが作られた後でも使えるので、特定のインスタンスにだけメソッドを追加することもできるでしょう。

今回のコードはJSFiddleで試せます。Mixinを使いこなすとコードが分かりやすくなりますので、ぜひ使いこなしてください。

JSDoc: Class: Mixin

From → hifive, HTML5

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。