Skip to content

チャートライブラリの使い方(3)「データを追加する」

by : 2017/04/19

前回のグラフの基本形を使って、今回はデータを追加する方法を紹介します。

実際に描画すると次のようになります。コードはこちらにあります。

3つのデータ系列を表示しています。

シリーズデータを追加する

元々シリーズは配列で与えていましたが、これを追加します。

引数としてグラフの色を変えるようにしています。 _createNewSeries もこれに合わせて変更します。

データ系列の名前をユニークにする

大事なのは、nameプロパティをユニークにしておくということです。今回はnameプロパティに指定した色名を加えています。

後はcolorプロパティに対して色を指定するだけです。

これだけで複数のデータをグラフに描画できるようになります。


nameプロパティをユニークにすることさえ注意すればhifiveのチャートライブラリを簡単に使いこなせるでしょう。ぜひサンプルで確認してください。

banner_02

From → hifive

コメントする

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。