コンテンツへスキップ

GoではじめるWebAssebmly その5「ウィンドウオブジェクト、localStorageを使う」

by : 2019/02/12

WebAssebmlyはWebブラウザ上でバイナリファイル(テキスト形式もあり)を実行できる環境です。JavaScriptと異なりコードの漏洩がなく、実行速度も高速というのがメリットです。

WebAssebmlyは元々Rustで開発することが多かったですが、最近では様々なプログラミング言語が対応しています。その一つがGoです。Go 1.11からWebAssembly向けにもコンパイルできるようになっています。

一般的なWebAssemblyはDOMやネットワーク操作が行えません。それに対してGo 1.11ではJavaScript APIを使えるようにした syscall/js パッケージを用いることで、DOMやネットワーク操作を可能にしています。

そこで今回はさらに面白い、ウィンドウオブジェクトやlocalStorageをWebAssemblyから使ってみます。

オンライン、オフラインを検知する

Webアプリケーションのネットワーク状態を受け取るには window オブジェクトの online または offline イベントを使います。これももちろんGoのWebAssemblyの中に記述できます。

そしてオンライン、オフラインの値は navigator.onLine で取れますので、この値も使います。

 

func main() {
window := js.Global().Get("window")
navigator := js.Global().Get("navigator")
cb1 := js.NewCallback(func(args []js.Value) {
if navigator.Get("onLine").Bool() {
println("Network is Online");
} else {
println("Network is Offline");
}
})
window.Call("addEventListener", "online", cb1)
window.Call("addEventListener", "offline", cb1)
<-make(chan struct{}, 0)
}

view raw
index.go
hosted with ❤ by GitHub

これでWebAssembly側でもオンライン、オフラインの判定ができるようになります。

localStorageを使う

さらにWebブラウザとWebAssemblyでデータの送受信をする際に使ってみたいのがlocalStorageを経由したデータ授受です。

 

 

package main
import "syscall/js"
func main() {
window := js.Global().Get("window")
localStorage := window.Get("localStorage")
localStorage.Set("Hello", "World")
println("localStorage -> " + localStorage.Get("JavaScript").String())
}

view raw
index.go
hosted with ❤ by GitHub

このようなコードで localStorage に触って、データをセットしたり、値の取得を行えます。localStorageの場合、setItemやgetItemではなくSet/Getで値の授受ができるのが特徴です。 localStorage.Call("setItem", "Hello", "World") ではうまくいきませんが、 localStorage.Get("getItem", "JavaScript") は利用できます。


syscall/js は非常によくできており、同時に利用する wasm_exec.js と組み合わせることでWebAssemblyからDOMやJavaScriptのAPIを透過的に扱えます。ちょっとした使い方さえ覚えてしまえばJavaScriptと変わらず使えるようになりそうです。

オンライン、オフライン判定などWebAssemnly単体では難しいことも容易に実現できます。ぜひGoでWebAssemblyを使ってみてください。

From → HTML5

コメントは受け付けていません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。